飾り棚の全て!選び方から取り付けまで、あなたのお部屋にピッタリな飾り棚の見つけ方

query_builder 2024/04/12 簡単
この記事では、おしゃれな飾り棚の選び方から取り付け方法まで詳しく紹介します。飾り棚の魅力、オープンシェルフなどのスタイル、最適な設置場所、そして取り付け方法についても詳しく説明します。初めて飾り棚を設置する人も納得のヒントが満載です。
株式会社エクセレント
ロゴ
既製品では満たされないニーズや特定の空間に合わせたデザインなどに対し、オーダーメイドの素材の選び方、色の組み合わせ、機能性の追求の点から助言し、現実の家具としてお届けすることを使命としています。
株式会社エクセレント
住所:

〒354-0004

埼玉県富士見市下南畑3767-6

電話番号:
049-255-2520

飾り棚の魅力

まずは飾り棚が何故おしゃれな空間を演出するのか、その理由に迫ります。

見せる収納の醍醐味

飾り棚の魅力の一つは、見せる収納の醍醐味です。飾り棚を使えば、お気に入りの小物をディスプレイするだけでなく、掃除や整理整頓もラクになります。例えば、リビングに飾り棚を設置すれば、おしゃれな雑貨や思い出の写真を飾ることができます。これによって、普段使わないアイテムを収納しなくても、部屋全体が鮮やかに彩られる効果があります。また、見せる収納はアイテムを取り出しやすく、使いたいものをすぐに見つけることができます。例えば、キッチンに飾り棚を設置すれば、調味料や食器の並べ方にこだわることができます。これによって、料理をする際に必要なものが手元にすぐに揃い、作業効率がアップします。さらに、見せる収納はインテリアの一部としても魅力的です。飾り棚にはさまざまなスタイルやデザインがあり、自分の好みや部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。例えば、北欧風のインテリアにはシンプルでモダンなデザインの飾り棚が似合いますし、和風のインテリアには木製の飾り棚がマッチします。飾り棚を使うことで、自分らしいお部屋を演出し、空間全体を美しく引き立てることができます。飾り棚の見せる収納の醍醐味を活かして、おしゃれで快適な空間を実現しましょう。

空間を広く見せる効果

また、飾り棚には空間を広く見せる効果もあります。特に壁掛けタイプの飾り棚は、床面積を稼ぐだけでなく、部屋を広く見せる効果があります。例えば、狭いリビングルームに飾り棚を取り付けると、壁全体が活用され、床スペースが広がります。これによって、開放感が生まれ、部屋全体が広く感じられるでしょう。また、飾り棚を高い位置に取り付けることで、天井の高さを活かし、視覚的な広がりを生み出すことができます。例えば、ダイニングルームの壁に飾り棚を設置すれば、おしゃれな食器やグラスをディスプレイすることができます。これによって、天井の高さを強調し、空間をより一層広々と感じさせることができるのです。さらに、飾り棚のデザインや配置によっても、空間を広く見せることが可能です。例えば、ミラーを飾り棚に取り付けることで、反射効果により光を反射させ、部屋全体を明るく見せることができます。また、透明な素材を使った飾り棚や隙間を開けたデザインの飾り棚を選ぶことで、視覚的な重さを軽減し、空間を広々と見せることができます。空間を広く見せる効果を活かして、より開放的で快適なお部屋づくりをしてみましょう。飾り棚の選び方や設置方法についても、次の章で詳しくご紹介します。

飾り棚の種類と特徴

オープン式として人気の飾り棚には、どのような種類と特徴があるのでしょうか。

オープンシェルフ

次に、飾り棚の種類として人気のあるオープンシェルフについて詳しく見ていきましょう。

オープンシェルフは、本棚やキッチン収納など、様々なシーンで活躍するスタイルです。その特徴の一つは、開放的なデザインです。オープンシェルフは背面や側面がなく、前面のみが開放されているため、収納物が見えやすく、アイテムの取り出しやすさがあります。これにより、整理整頓がしやすく、必要なものをすぐに取り出すことができます。

また、オープンシェルフはディスプレイ性が高いのも特徴です。飾り棚として使用する際、お気に入りの小物や本、食器などを美しくディスプレイすることができます。例えば、リビングにオープンシェルフを設置すれば、おしゃれな雑貨や写真集、植物などを飾ることができます。これによって、お部屋のアクセントとなり、統一感のあるインテリアを演出することができます。

さらに、オープンシェルフは、空間を広く見せる効果もあります。背面や側面が開放されているため、視覚的に圧迫感を与えず、部屋を広く見せる効果があります。特に、小さな部屋や狭いキッチンなどのスペースの限られた場所において、オープンシェルフは大いに活躍します。

ただし、オープンシェルフを使う際の注意点もあります。収納物が見えるので、整理整頓が大切です。常に整理整頓を心がけることで、部屋が美しく保たれます。また、埃や汚れが目立ちやすいので、こまめなお手入れも必要です。定期的に拭き掃除をすることで、清潔な状態を保つことができます。

オープンシェルフは、見せる収納やインテリアとしての魅力、そして広々とした空間を演出する効果があります。自分のスタイルや部屋の雰囲気に合わせて、素敵なオープンシェルフを選んでみましょう。次の章では、壁掛け飾り棚について詳しくご紹介します。

壁掛け飾り棚

壁掛け飾り棚も、飾り棚の種類として人気があります。壁掛け飾り棚は、壁全体を生かしたデザイン性の高さと使い勝手の良さが魅力です。

まず、壁掛け飾り棚の特徴の一つは、壁全体を活用できる点です。壁掛けタイプの飾り棚は、部屋の壁面を有効活用しながら、収納スペースを作ることができます。例えば、書斎やホールウェイなどの狭いスペースに設置すれば、壁面に本やフォトフレームを飾ることができます。これによって、壁面を鮮やかに彩り、空間をより魅力的に演出することができます。

また、壁掛け飾り棚はデザイン性も高く、おしゃれなインテリアとしても活躍します。壁掛け飾り棚のデザインは多様であり、シンプルなものから装飾的なものまで幅広いバリエーションがあります。例えば、木製の壁掛け飾り棚は、自然な雰囲気を演出し、ナチュラルなインテリアスタイルにぴったりです。金属製の壁掛け飾り棚は、モダンでスタイリッシュな印象を与え、ミニマリストなインテリアにマッチします。選ぶ飾り棚のデザインによって、部屋の雰囲気を変えることができます。

さらに、壁掛け飾り棚は使い勝手の良さも特徴です。壁に取り付けることで、床面積を有効活用することなく、スペースを確保することができます。例えば、狭い玄関やバスルームなど、スペースが限られている場所においても、壁掛け飾り棚は便利に使えます。キーホルダーやハンドタオルの収納として活用したり、小さな小物をディスプレイして個性的なアクセントを加えることができます。

壁掛け飾り棚は、壁面を活かしたデザイン性の高さと使い勝手の良さが魅力です。自分の部屋のスタイルやニーズに合わせて、適切な壁掛け飾り棚を選びましょう。次の章では、理想的な飾り棚の配置場所について詳しくご紹介します。

理想的な飾り棚の配置場所

飾り棚はどこに設置すると効果的なのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

リビングでの利用

次に、飾り棚の理想的な配置場所の一つとして、リビングでの利用方法についてご紹介します。

リビングで飾り棚を利用することで、お部屋の雰囲気を一層華やかに演出することができます。まず、大きな飾り棚をリビングに設置すれば、おしゃれな雑貨や思い出の写真、グリーンなどをディスプレイすることができます。これによって、リビング全体がパーソナルな空間になり、ゲストをもてなす場所としても素敵な印象を与えることができます。

また、リビングでの飾り棚の設置ポイントにはいくつかの考え方があります。一つ目は、リビングのセンターポイントとなる場所に設置することです。例えば、リビングルームの真ん中、ソファやテレビの周りなど、目立つ位置に飾り棚を配置することで、空間全体のアクセントとなります。二つ目は、壁面を活用することです。特に壁掛けタイプの飾り棚は、壁面に取り付けることで、床面積を節約することができます。壁掛け飾り棚を利用することで、狭いリビングルームでも収納スペースを確保することができます。

さらに、リビングでの飾り棚の活用方法として、ディスプレイのテーマやコーディネートにこだわることもおすすめです。例えば、季節ごとにディスプレイのアイテムを変えることで、リビングの雰囲気をより一層楽しむことができます。春らしい花や緑、夏らしい風物詩、秋らしいもの、冬らしいクリスマスデコレーションなど、様々なアイデアを取り入れて、季節感を演出してみましょう。

リビングでの飾り棚の利用は、お部屋に個性を与えるだけでなく、空間を一層魅力的に見せることができます。自分のリビングのスタイルや好みに合わせて、飾り棚を活用してみてください。次の章では、壁面を活用した飾り棚の設置場所について詳しくご紹介します。

壁面を活用した設置

壁面を活用した設置は、飾り棚を効果的に配置する方法の一つです。特に、壁面を使って飾り棚を設置することで、新たな収納スペースを作ることができます。

まず、壁面を活用した設置では、高さを活かして飾り棚を配置します。例えば、リビングの壁面に高い位置に飾り棚を取り付ければ、床面積を有効活用できます。こうすることで、部屋全体が広々と感じられますし、壁面の空間も有効に使えます。また、高い位置に飾り棚を配置することで、視線を上に引き上げる効果もあり、天井を高く感じさせることができます。

次に、壁面を活用した設置では、壁面に複数の飾り棚を並べて使うこともオススメです。壁面に複数の飾り棚を設置することで、収納スペースを効率的に使うことができます。例えば、縦に2段、3段の飾り棚を並べて使えば、小物や本、キッチン用品などを分類して収納することができます。さらに、飾り棚同士の間隔を調整することで、ディスプレイのバリエーションも増やすことができます。

また、壁面を活用した設置では、飾り棚のデザインや色味と壁の色を調和させることも大切です。壁と同じ色の飾り棚を選ぶことで、一体感が生まれ、統一感のある空間を演出することができます。逆に、壁と対照的なカラーの飾り棚を選ぶことで、インパクトのあるアクセントをつけることもできます。

壁面を活用した設置では、高さを活かして飾り棚を配置し、壁面に複数の飾り棚を並べて使うことで収納効果を高めます。さらに、飾り棚のデザインと壁の色を調和させることで、一体感のある空間を実現します。次の章では、スリム飾り棚の魅力について詳しくご紹介します。

スリム飾り棚の魅力

スペースが限られた場所でも利用できるスリム飾り棚の魅力を紹介します。

スペースを有効利用

次に、飾り棚の種類の一つであるスリム飾り棚の魅力について詳しくご紹介します。スペースが限られた場所でも効果的に使えるスリム飾り棚は、収納力を最大限に活用することができます。

スリム飾り棚の魅力の一つは、コンパクトなデザインです。一般的な飾り棚に比べて幅や奥行きが細く、壁面の狭いスペースにもしっかり収まることができます。例えば、通路や狭い廊下、隙間など、無駄なスペースを有効活用することができます。これによって、限られたスペースでも物品を整理整頓し、片付いた印象を与えることができます。

また、スリム飾り棚は、収納力を最大限に引き出すことができる利点もあります。デザイン上の特徴である細長い形状を活かして、多くの小物や本、食器などを収納できます。例えば、キッチンやバスルームの壁にスリム飾り棚を取り付ければ、調味料やタオル、入浴剤などをスッキリと収納することができます。これによって、カウンターや棚が狭くなってしまうことなく、使い勝手の良い空間を演出することができます。

さらに、スリム飾り棚はデザインバリエーションも豊富です。様々な素材やカラー、スタイルのスリム飾り棚が市場に出回っています。自分の部屋のテイストやインテリアスタイルに合わせて、お好みのスリム飾り棚を選ぶことができます。これによって、部屋の雰囲気を引き立てるだけでなく、個性的なアクセントを加えることもできます。

スリム飾り棚は、コンパクトなデザイン、収納力の最大化、豊富なデザインバリエーションといった魅力を持っています。スペースが限られた場所で、効果的な収納やディスプレイを実現したい方にはぴったりの選択肢です。次の章では、スリム飾り棚を使った部屋の広々とした印象を演出する方法について詳しくご説明します。

窮屈感をなくす方法

また、スリム飾り棚を使った部屋の広々とした印象を演出するための方法もあります。スリム飾り棚を効果的に配置し、窮屈な印象をなくすことができます。

まず、スリム飾り棚を壁面に取り付ける場合、高さを活かして設置することがポイントです。壁面全体を活用することで、床面積を広く使えます。また、スリム飾り棚を高い位置に設置することで、視線を上に引き上げ、天井の高さを強調する効果もあります。このような配置方法によって、部屋全体が広々とした印象を受けることができます。

さらに、スリム飾り棚の選び方にも注意が必要です。壁とのコントラストをつけることで、スリム飾り棚が際立ち、空間が引き締まった印象になります。例えば、壁が白色の場合、スリム飾り棚には木製やモノトーンのカラーを選ぶことで、アクセントとなるでしょう。また、壁紙や塗装の色によってもスリム飾り棚のカラーを調整することができます。適度なコントラストをつけることで、スリム飾り棚を際立たせ、窮屈な感じを軽減することができます。

さらに、スリム飾り棚のディスプレイにも工夫が必要です。ディスプレイのアイテムの数や配置方法によって、部屋の広がりや開放感を演出することができます。例えば、スリム飾り棚には少なめのアイテムを配置することで、すっきりとした印象を演出することができます。また、奥行きを活かして立体的にディスプレイすることで、立体感が生まれ、部屋が一層広がった印象を与えます。

スリム飾り棚を効果的に配置し、適切にディスプレイすることで、部屋の窮屈な感じをなくすことができます。高さを活かした設置方法や、壁とのコントラスト、ディスプレイの工夫などを意識して取り入れてみましょう。次の章では、賃貸でも設置しやすい簡単な方法について詳しくご説明します。

賃貸でも安心!簡単取り付け方法

壁に穴を開けずに飾り棚を取り付ける方法を詳しく紹介します。

ダメージフリーで取り付ける

次に、壁に穴を開けずにスリム飾り棚を取り付ける方法についてご紹介します。こちらでは、ダメージフリーで取り付ける方法をご紹介します。

まず、一つ目の方法は吸盤を利用する方法です。市販されている強力な吸盤を使用することで、壁に穴を開けることなく、スリム飾り棚を取り付けることができます。吸盤式の取り付けは、壁に傷をつけずに安定感のある取り付けを実現するため、賃貸物件などでよく利用されます。ただし、水平な壁面や滑らかな表面に対して最適な結果を得られる場合がありますので、使用前にしっかりと取扱説明書を読んで確認することが大切です。

また、二つ目の方法は、瞬間接着剤や両面テープを使用する方法です。スリム飾り棚の裏側に瞬間接着剤や強力な両面テープを塗布し、壁に密着させることで取り付けることができます。こちらの方法もダメージフリーでの取り付けが可能であり、剥がす際にも壁面へのダメージを最小限に抑えることができます。ただし、使用する接着剤やテープの種類によっては、壁の材質や状態に合わせて選ぶ必要がありますので、注意が必要です。

これらの方法を活用することで、壁に穴を開けることなく、スリム飾り棚を取り付けることができます。ただし、しっかりと使用方法や材質の適用範囲を確認し、適切な方法を選ぶことが重要です。次の章では、スリム飾り棚の安定感のある取り付け方法をご紹介します。

安定感のある取り付け方法

次に、スリム飾り棚の安定感のある取り付け方法についてご紹介します。安定した取り付けを実現するためには、適切な方法としっかりとした固定が必要です。

まず、一つ目の方法はアンカーを利用する方法です。アンカーは壁にしっかりと固定するための道具で、ねじやボルトと組み合わせて使用します。スリム飾り棚の取り付け箇所にアンカーを挿入し、ねじやボルトで固定することで、安定感のある取り付けを実現することができます。アンカーは壁面の材質によって選ぶ必要がありますので、注意が必要です。

また、二つ目の方法は金具やブラケットを使用する方法です。スリム飾り棚に金具やブラケットを取り付け、それを壁に取り付けることで、安定感のある取り付けが可能です。金具やブラケットはスリム飾り棚に付属していることが多いので、取り付け方法に従ってスリム飾り棚と壁を結びつけることができます。特に、壁面やスリム飾り棚自体が重い場合には、金具やブラケットを使うことでしっかりと固定することができます。

これらの方法を適切に活用することで、スリム飾り棚を安定させることができます。ただし、壁面の材質やスリム飾り棚の重さなどによって最適な方法が異なる場合がありますので、要件に合わせて適切な取り付け方法を選ぶことが大切です。次の章では、飾り棚のディスプレイのコツについてご紹介します。

飾り棚のディスプレイのコツ

飾り棚のディスプレイ方法によって、部屋の雰囲気は大きく変わります。そこで、ディスプレイのコツを伝授します。

奥行を活かしたディスプレイ

次に、飾り棚のディスプレイ方法の一つとして、奥行を活かしたディスプレイについてご紹介します。

奥行を活かしたディスプレイは、スリム飾り棚などの奥行のある飾り棚を効果的に使って、立体的なディスプレイを楽しむ方法です。普通の飾り棚よりも奥行があるため、奥行を活かしてアイテムを配置することで、より立体的で魅力的なディスプレイが可能です。

まず、奥行を活かしたディスプレイのポイントは、奥にあるアイテムを目立たせることです。奥行のある飾り棚の背面や奥の方には、大きなアイテムやインパクトのあるアイテムを配置しましょう。これによって、奥行のある立体感が生まれ、飾り棚全体のディスプレイが引き立ちます。例えば、奥に立てかけた大きな写真フレームやアート作品、または立体的な装飾品を配置することで、奥行を活かしたディスプレイの魅力を引き出すことができます。

次に、奥行を活かしたディスプレイでは、アイテムのサイズや高さのバランスにも注意しましょう。奥行のある飾り棚では、前面と奥のアイテムのサイズや高さを調整することで、視覚的な奥行を演出することができます。例えば、前面には小さめのアイテムを配置し、奥には大きなアイテムを配置することで、遠近感を演出することができます。さらに、大小や高さの異なるアイテムを組み合わせることで、奥行のあるディスプレイに変化と動きを与えることもできます。

奥行を活かしたディスプレイは、スリム飾り棚などの奥行のある飾り棚を最大限に活用する方法です。奥にあるアイテムを目立たせることや、サイズや高さのバランスを考えながら配置することで、立体感のある魅力的なディスプレイを実現しましょう。次の章では、色や形を統一することでより一層おしゃれなディスプレイを演出する方法についてご紹介します。

色や形を統一する

次に、飾り棚のディスプレイ方法の一つとして、色や形を統一する方法についてご紹介します。色や形を統一することで、より一層おしゃれなディスプレイを演出することができます。

まず、色を統一することで、統一感のあるディスプレイを実現できます。飾り棚のディスプレイには、おしゃれな雑貨や小物、植物などさまざまなアイテムを使用しますが、色合いを統一することで、まとまりのあるディスプレイになります。例えば、モノトーンなカラーパレットを使用することで、シンプルで洗練された雰囲気が生まれます。また、ある特定の色をアクセントとして取り入れることも効果的です。一部にポップな色を使うことで、ディスプレイにアクセントを与え、目を引く効果があります。

次に、形を統一することで、ディスプレイに統一感と調和をもたらすことができます。例えば、飾り棚に丸い形状のアイテムを集めることで、柔らかな雰囲気を演出することができます。また、四角い形のアイテムを組み合わせることで、シャープな印象を与えることができます。形を統一することで、ディスプレイが統一感を持ち、見た目にバランスのとれた印象を与えます。

さらに、色や形を統一するだけでなく、テーマやコンセプトに合わせてディスプレイすることもおすすめです。例えば、自然なテーマであれば、植物やウッド素材を取り入れたディスプレイが適しています。また、シーズンやイベントのテーマに合わせて、ディスプレイのアイテムを変えることで、より季節感やイベントの雰囲気を楽しむことができます。

色や形を統一することで、飾り棚のディスプレイに統一感や調和をもたらすことができます。テーマやコンセプトに合わせた統一したカラーや形状を取り入れることで、おしゃれで魅力的なディスプレイを演出しましょう。次の章では、飾り棚を活用してリラックス空間を実現する方法についてご紹介します。

飾り棚で実現するリラックス空間

飾り棚をうまく配置して、毎日を過ごす空間をもっとリラックスできる場所に変える提案をします。

お気に入りを飾る

次に、飾り棚を使ってお気に入りのアイテムを飾る方法についてご紹介します。飾り棚を使ってお気に入りのアイテムをディスプレイすることで、自分だけの特別な空間を作り上げることができます。

まず、飾り棚には、思い出の品や大切なアイテムを飾ることがおすすめです。例えば、旅行で買ったオブジェや記念撮影の写真、好きな花など、自分の人生や趣味に関連するアイテムを選びましょう。これによって、飾り棚はあなたのストーリーや好みを反映した特別な空間となります。

次に、飾り棚を使ってお気に入りのアイテムをディスプレイする際には、バランスや配置にも注意しましょう。飾り棚は限られたスペースの中でアイテムを配置するため、バランスを考えながらディスプレイすることが重要です。サイズや高さ、形状を考慮しながら、アイテム同士や棚全体のバランスを整えましょう。また、ディスプレイの配置を定期的に変えることで、新鮮さや変化を楽しむこともできます。

さらに、お気に入りのアイテムを飾ることで、心の癒しやリラックス効果も得ることができます。お気に入りのアイテムを見るたびに、思い出や好きなものに関するポジティブな気持ちが湧き上がります。飾り棚を見るたびに、心地よい気分やリラックス感を得ることができるでしょう。

飾り棚を使ってお気に入りのアイテムを飾ることで、自分だけの特別な空間を作り上げることができます。思い出の品や大切なアイテムをディスプレイすることで、自分のストーリーや趣味、好みを表現しましょう。次の章では、飾り棚に照明を配置することで、より心地よい照明効果を実現する方法についてご紹介します。

心地よい照明を配置する

最後に、飾り棚に照明を配置することで、より心地よい照明効果を実現する方法についてご紹介します。照明を上手に配置することで、飾り棚のアイテムが美しく照らされ、より魅力的に見せることができます。

まず、飾り棚には間接照明を活用することがおすすめです。直接的な明るさではなく、間接的に光を反射させることで、やわらかな雰囲気を演出します。例えば、飾り棚の背面や側面にLEDストリップライトを取り付けることで、アイテムを美しく照らし出すことができます。また、棚の上に小型のスポットライトを配置することで、特定のアイテムに照明を当てることもできます。

次に、照明の色温度にも注目しましょう。暖色系の照明(例: 温かみのある黄色味)を使用することで、より落ち着いた雰囲気を演出することができます。明るすぎず、暗すぎず、心地よい間接照明を実現するために、調光機能のある照明器具を選ぶと便利です。照明の色温度や明るさを調節することで、いつでも好みの照明効果を楽しむことができます。

最後に、照明の配置にはバランスを考慮しましょう。飾り棚に対して均等に照明が当たるように配置することで、アイテム全体が均一に照らされます。また、アイテムによっては、照明を微調整することで、特定のポイントを際立たせたり、影を強調したりすることも可能です。

飾り棚に照明を配置することで、アイテムを美しく照らし出し、より魅力的な雰囲気を演出することができます。間接照明や色温度の調節、照明のバランスに注目しながら、心地よい照明効果を実現してください。記事の最後には、飾り棚を選ぶ際の重要なポイントをまとめましょう。

最後に

飾り棚をうまく活用すれば、部屋の雰囲気がグッと高まることは間違いありません。最後に、飾り棚選びの一助となるポイントをまとめます。

自分の生活スタイルと合った飾り棚を選ぶ

最後に、飾り棚を選ぶ際の重要なポイントをまとめます。自分の生活スタイルと合った飾り棚を選ぶことで、お部屋に最適なアイテムを見つけることができます。まずは、収納のニーズや使用目的に合わせて飾り棚のサイズや形状を選びましょう。また、インテリアスタイルやお部屋の雰囲気に合ったデザインやカラーを選ぶことも重要です。さらに、耐久性や品質にも注意しましょう。自分の生活に合った飾り棚を選ぶことで、機能的で美しいインテリアを実現しましょう。

長く使える飾り棚を選ぶ

最後に、長く使える飾り棚を選ぶ際のポイントをご紹介します。耐久性や品質に優れた飾り棚を選ぶことで、長く使い続けることができます。まず、頑丈で丈夫な素材を選ぶことが重要です。木製や金属製の飾り棚は、耐久性が高く、長期間使用することができます。また、製造元やブランドの信頼性もチェックしましょう。口コミやレビューなどを参考にして、品質の良い飾り棚を選ぶことが大切です。長く愛用できる飾り棚を選ぶことで、経済的で持続可能なインテリアスタイルを実現しましょう。また、保証やアフターサービスも確認しておくことで、安心して長く使い続けることができます。自分の生活スタイルやニーズに合った耐久性と品質の高い飾り棚を選ぶことで、お部屋に長く利用できるアイテムを選びましょう。

株式会社エクセレント
ロゴ
既製品では満たされないニーズや特定の空間に合わせたデザインなどに対し、オーダーメイドの素材の選び方、色の組み合わせ、機能性の追求の点から助言し、現実の家具としてお届けすることを使命としています。
株式会社エクセレント

〒354-0004

埼玉県富士見市下南畑3767-6

Related Site

関連サイト